オルニチン

しじみで疲労回復が期待できる

仕事や家事育児、あるいは近時、必要性が高まっている介護、その他さまざまな付き合いなどで現代人の疲労は蓄積される一方です。
子供も部活や学校や塾の勉強に加えて、パソコンの普及やスマートフォンなどでなかなか眠ることができない生活習慣が一般化してしまい、疲労がたまっているという子も少なくありません。
疲労回復はもはや老若男女を問わず、日本人全員の共通目標と言っても過言ではないかもしれません。

疲労回復に最適な方法は規則正しい生活、特に深くて充実した睡眠と栄養摂取ですが、栄養摂取の方法としてひとつおすすめすることができるのが「しじみ」です。
しじみというとみそ汁という摂り方がもっとも一般的かと思われます。

ただ、ご飯に混ぜてしじみご飯としたり、パスタに入れてみるなどその調理方法はさまざまです。
そして非常に高い栄養回復効果が期待できます。
しじみ100個分の合計の栄養素←こちらも参考にご覧ください。

しじみにはどうして疲労回復の効果があるのでしょうか。
一言で言ってしまえば「あの小さな貝殻のつぶの中に極上の栄養が詰まっているため」です。

しじみには様々な健康効果がありますが、疲労回復との関係で重要になるのはオルニチンという物質による解毒作用です。
どういうことかといいますと、まず体内にで蓄積される「アンモニア」は体のエネルギー回復を妨げます。
具体的に言えば、脳エネルギーのグルコースを作ることを妨害したり、「ATP」というエネルギーを遮断したりしてしまいます。
体内のアンモニアは疲労蓄積の大きな「元凶」なのです。

このアンモニアを分解してくれるのがオルニチンです。
オルニチンの働きのサイクルは、「オルニチンサイクル」と命名されており、アンモニアを中心とした毒素解消に大きな働きをします。
このアルニチンが極めて多いのがしじみです。
そのため、疲労回復効果が期待できるという仕組み・プロセスとなっています。
「疲労感が溜まっているなあ」と感じられた場合には、(もちろん、もっとも大切なことは休養とリラックスですが)しじみのおみそ汁などを作ってみることもとてもおすすめすることができます。

Copyright(C) 2013 疲労回復や二日酔いに効果抜群の食材 All Rights Reserved.