オルニチン

肝機能を向上させるしじみ

肝臓は体重の50分の1の重さもある巨大な臓器であり、栄養を保存したり、お酒の毒素を分解するなど極めて重要な働きをする臓器です。
肝臓は、切断などの損傷があっても自然に細胞が増殖して回復していきますが、お酒などによってダメージが蓄積されていってしまうと、回復することができなくなってしまいます。
いわゆる肝硬変などといった病気です。
超高齢社会を迎え、いつまでも元気な体でいることはひとつの社会的な課題となっていると言っても過言ではありません。
ここでは、重要でありながら一度破壊されてしまうと健康を著しく害してしまう肝臓の機能を強化させる食べ物としてしじみの働きをご紹介したいと思います。

しじみは、昔から肝機能をアップさせる食べ物として認知されてきました。
その大きな理由は、タウリンという成分の働きによります。
タウリンは、細胞をガードする膜(細胞膜)を強化する働きがあります。
お酒などを多く飲まれる方は、この細胞膜がダメージを受けやすくなってしまいます。
そこで、タウリンを摂ることで肝機能を強化することにつながります。

またしじみに含まれるビタミンB群も肝機能を強化させます。
しじみに含まれているビタミンB12という成分は肝機能を強化・アップさせてくれます。
また肝機能強化とは直接の関わりはないものの、健康のために役立つ栄養素として、カルシウムや鉄分、亜鉛など体が喜ぶさまざまな栄養素が「目白押し」なのがしじみです。

肝臓は加齢・お酒などによってどうしてもダメージを受けていってしまいます。
ずっと健康でい続けるために自然の健康食品であるしじみをこまめに摂られることがおすすめできます。
なお、その食べ方としてはおみそ汁がもっとも一般的ですが、混ぜご飯にしたり、ラーメンなどの麺類の具として利用してさっぱりとした味わいにしていただくなどさまざまな食べ方があります。
しじみの食べ方を研究されてみることもとても楽しいことと言えるでしょう。

Copyright(C) 2013 疲労回復や二日酔いに効果抜群の食材 All Rights Reserved.