オルニチン

しじみは肝臓に優しく対応する

体の臓器は、いずれも生命や健康維持のためにとても重要な働きをしています。
その中で肝臓は栄養素を貯めておいたり、毒素を分解するなどの働きをします。
臓器の働きに優劣をつけることはできませんが、肝臓の働きは健康維持のために極めて重要ということができます。
特に、お酒をのまれる方は知らず知らずのうちに肝臓へダメージを加え続けてしまっていることがありますので、「肝臓への優しさ」の配慮してあげることが健康的な毎日のためにはとても重要ということができます。
そして、「しじみは肝臓に優しく働く(作用する)」ということができます。

しじみは一般的によくお酒を飲んだあとに(しじみ汁などの形で)摂るとよいと言われます。
その理由は主として豊富な栄養素の働きによるものです。
具体的には、以下のようなしじみの成分が肝臓に対して優しく作用します。

まず、メチオニンという成分です。
メチオニンは必須アミノ酸の一種で体内で自然には生成することができない栄養素です。
このメチオニンは、肝臓が毒素・老廃物等を排気する働きを助けるという仕事をしてくれる成分です。
(なお、全く働きですが、育毛・発毛など髪への健康作用もあるとされます)このメチオニンが極めて多いのがしじみです。
メチオニンが肝臓に対して優しく働きかけ「強肝」作用をもたらします。

また、ビタミンB12という成分も肝臓に対してやさしく働きかけます。
しじみに含まれるビタミンはうなぎに匹敵する量であると言われるほど豊富であり、ビタミンB12も肝臓を強くしてくれます。
その他、タウリンなども肝臓を強くしてくれる働きがあります。

このようなしじみをお酒を飲まれたあとに摂られる(おみそ汁の形がもっとも端的でしょう)ことが肝臓への優しさ、ひいては健康維持と美味しくお酒を楽しまれるためにはとても役立つことになると言えます。
また、しじみを使ったサプリメント・健康食品などもありますので、そのようなものを利用して手軽に摂取されることも可能です。

Copyright(C) 2013 疲労回復や二日酔いに効果抜群の食材 All Rights Reserved.