オルニチン

知っておきたいしじみの特徴

しじみはおみそ汁などで私たち日本人にとって非常になじみの深い食べ物と言えます。
しじみと日本人のつながりは少なくとも1万2000年以上前、縄文時代から存在していました(貝塚の跡から明らかとなっています)
日本人と非常に縁が深い、このしじみについては、さまざまな学者の方や研究団体、栄養食品開発会社などがそれぞれの視点から研究をしていますが、一般的に知っておきたい特徴としては、まずその栄養効果の特徴が挙げられます。

しじみのもつ大きな特徴として、極めて大きな栄養効果を期待することができるという点を挙げることができます。
まず、しじみのもつ栄養効果としては、肝臓強化の機能があることが特徴的であり、有名であると言えます。
しじみに含まれているタウリン・メチオニン、ビタミンB群といった栄養素は肝臓の働きを高めたり、お酒の分解をスピーディにしたりと健康に対して非常に良い効果が期待できます。

また、体力増強の効果も期待できます。
「土用のうなぎ」と同じように「土用しじみ」と言われ、ミネラルやビタミンなどの栄養素が乏しかった江戸時代には健康のために非常に重宝されました。
さらに最近では美容やダイエットなどの効果も期待できると言われています。

このように、非常に多量の栄養素が含まれているのがしじみの大きな特徴です。
その他知っておきたい特徴としましては、やはり美味しい時期・季節ではないでしょうか。
しじみは春夏秋冬いつでも採れますが、その中で、夏と冬に採れるものが特に味が良いとされます。
特に冬のものは「寒シジミ」と言われ、秋口から冬にかけて旨みを蓄えており、とてもおいしいものとなっています。

なお、産地としては青森が全国1位の漁獲量を誇っていますが、2位は島根県、3位は茨城県などとなっています。
全国さまざまな地域で採取されていますので、地域にかかわらず値段が安定しており購入しやすいという点も食品としての大きな特徴ということができるでしょう。
しじみはオルニチンサプリメントとしても有名ですが、せっかくなら貝のまま食したいものです。

Copyright(C) 2013 疲労回復や二日酔いに効果抜群の食材 All Rights Reserved.