オルニチン

砂抜き方法のしじみ編

しじみは大変身近(そしてリーズナブル)で健康に良い食材ではありますが、砂抜きが必要なものもあります。
十分に砂抜きをしないと食べたとき大変「じゃりじゃり」としてしまい、残念な思いをされてしまうこともあります。
市販のものであればたいがいは砂抜きが済んでいますが、ご自身でされる必要がある場合もあります。

しじみの砂抜きは具体的にどのような方法で行えば良いのでしょうか。
まず、おけやボールに多めの塩を入れて水を張ります。
その水を張ったおけ・ボール等にシジミを入れてよく洗います。
これを2回から3回程度繰り返します。
時間がない場合にはこのような方法で最低限度砂抜きをすることは可能です。
しかし、洗っただけではどうしても砂が抜けきらないこともよくあります。

そこで、時間があるときには一晩塩水につけておくという方法が砂抜きの方法としては効果的です。
砂抜きにはやや「慣れ・感覚」が必要ということができます。
はじめからご自身だけでやろうとされるとどうしても砂が残ってしまい、せっかくおみそ汁にしても、やはり「じゃりじゃり」感が残ってしまうことが少なくありません。
砂抜きははじめは経験があるご友人やご家族などと一緒にされることが非常におすすめすることができます。

なお、しじみで砂抜きが必要な理由は、その生息場所(ひいては採集場所)が河口付近で海とつながっているような場所にあるためです。
食用しじみの99パーセントはヤマトシジミという種類ですが、このヤマトシジミの生息場所が砂抜きの必要性をもたらすことになります。
そしてしじみは非常に高級なものとなりますと、あさりよりも実が大きいものすらあり大変おいしいものです。

そしてなによりしじみは極めて栄養素が高い食品です。
砂抜きから始めるとなるとやや手間などが気になるところですが、おいしく、健康に良いものですので、時折おみそ汁やご飯、パスタなどに利用されてお召し上がりになってみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 疲労回復や二日酔いに効果抜群の食材 All Rights Reserved.