オルニチン

弱った肝臓を修復する食材「しじみ」

夏はビールが美味しい季節です。
冬は暖かい熱燗などはいかがでしょうか。
春や秋は綺麗な桜やお月様を見ながらお好みのお酒を飲むのは最高ですよね。
お酒はまさに「大人の娯楽」です。

しかし、お酒は体に対するリスクがあることには注意しなければなりません。
特に肝臓に対するお酒のダメージです。
肝臓はよく言われるように「沈黙の臓器」です。

お酒によるダメージを受けても、叫び声をあげたときにはもはや「末期」と言い切ってしまって過言ではありません。
(すぐに病院で専門的な治療を継続的に受ける必要があります)お酒による肝臓へのダメージは長い間にわたる飲酒でどんどん蓄積されていきます。
そのため、お酒の量を適切にコントロールすることはさる事ながら、弱った肝臓を修復するための対策を習慣化することが大切です。
そして、弱った肝臓を修復する方法としておすすめすることができる食材こそが「しじみ」です。

しじみには、あの小ささからは想像しがたいほど多様で多量の栄養素が含まれています。
具体的には、カルシウム・ビタミンB2及びビタミンB12、タウリン・たんぱく質などです。
お酒による肝臓のダメージを修復する機能があるのは、タウリンとメチオニンという物質が中心として肝臓のために活動してくれます。
タウリンは、肝臓の細胞を再生し、お酒の毒素を分解します。
また、メチオニンは必須アミノ酸(体内で生成することは不可能で体外から摂取しなければならない栄養素)の一つで、肝臓を元気にする(肝機能向上作用がある)栄養素です。

このタウリンやメチオニンといった栄養素の働きによってしじみを摂ることで弱った肝臓が修復されることとなります。
お酒を少し多めに飲まれたあと、お酒を飲む機会が増える時期には、積極的にしじみのおみそ汁やしじみご飯などの形でしじみを意識的に摂られることがおすすめできます。
もちろん、お酒の量自体をコントロールされることが肝臓為にはもっとも重要となるということも合わせて意識いただければ幸いです。

Copyright(C) 2013 疲労回復や二日酔いに効果抜群の食材 All Rights Reserved.